• HOME
  • /
  • Beckman "Flatbox" ベックマン・フラットボックス STYLE NO.9062
RED WING(レッドウィング)

Beckman "Flatbox" ベックマン・フラットボックス STYLE NO.9062

¥ 44,820

Addition Point 415pt

Size

Quantity

商品番号: 9062

1905年にレッド・ウィング社を創業したチャールズ・ベックマンにちなんで名付けられた「ベックマンブーツ」は、社の創業期より存在したラウンドトゥのブーツを、今日の素材で再現したものです。
 自動車がまだ普及しておらず道路の舗装が未発達であった当時、道端の土埃や泥から足を守ることができる6インチ丈のブーツは、オックススフォード(短靴)以上に日常的な靴として広く履かれていました。そして、その多くは、「先芯」を入れない「フラットボックス」仕様でつくられていました。「先芯」とは靴のつま先に、その形を維持するため入れる硬い部材ですが、これを入れない靴は、つま先まで柔らかく非常に履きやすいものだったのです。
 ベックマン「フラットボックス」は、この当時の先芯を入れない6インチブーツを再現したものです。ベックマンと同じデザインのアッパー(靴の甲部)を、同じ「8番」ラスト(木型)を使用してつくったものです。先芯を入れる普通のブーツではつま先部分は形状が変わらない分、革が馴染む事はなくソールの反りもありませんが、「フラットボックス」仕様では、先芯で固定されていないつま先の革は足に合わせて馴染み、ソールも自在に反るため、通常のブーツにはない快適な履き心地となります。革の馴染みと共につま先が平たく沈んできて、独特の形状になっていきます。20世紀初頭~前半のアメリカのブーツによく見られたスタイルで、履き心地と共にこうした経年変化もこの「フラットボックス」の魅力です。
 「フラットボックス」仕様のブーツは、1960年代前半までよく見られました。その当時は、#877のような先芯を入れる設計のブーツが「フラットボックス」仕様でつくられる事もよくあり、その履き心地を求める顧客からの特別な要望を受けてレッド・ウィング社が特別に仕様を変えてつくっていたようです。
 ソールはミッドソールを使わないシングルソール仕様のグロコード・メダリオン・ソールとすることで、柔らかなソールの反りを実現し、このブーツの特長である履き心地の良さを高めています。
 この#9062のレザーであるブラックチェリー・フェザーストーンは、原皮の中から5%程度しか見つからない、特にスムーズな銀面を持つものを選び、なめしの後、アニリン系の染料で染め、ワックスやオイルを含ませる事で、独特の輝きをもたせたものです。深みのあるバーガンディ色は、クリームでの磨きで艶が増し、味わいを深めます。

レザー : ブラックチェリー「フェザーストーン」
ソール : グロコード・メダリオン
製法 : グッドイヤーウェルト
ラスト(木型) : 8番
Made in USA
この商品のブログ記事はこちら
25.0cm/7
25.5cm/7.5
26.0cm/8
26.5cm/8.5
27.0cm/9
27.5cm/9.5
28.0cm/10
29.0cm/11

※写真の色と実際の商品の色は多少異なる場合がございます。
※商品画像はメーカーサンプル品の画像です。
製品仕様・デザインは改良のため予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。

■商品について
お使いのディスプレイによっては実物と若干、色が異なって見える場合があります。
当店では在庫を実店舗、ならびに他のWEBサイトと共有しております。
そのため、誠に申し訳ございませんが在庫状況をリアルタイムで反映できず、
商品をご用意することができない場合があります。
(メーカー在庫を確認して在庫があれば早急にお取り寄せいたします)