• HOME
  • /
  • 9" Pecos / Cushion-sole/STYLE NO.8168
RED WING(レッドウィング)

9" Pecos / Cushion-sole/STYLE NO.8168

¥ 39,600

Addition Point 360pt

SOLD OUT

ペコスブーツは、レッド・ウィング社の開発した、ウエスタンブーツ・タイプのワークブーツです。元々スペインの乗馬靴に由来するウエスタンブーツは、左右両側に縫い目のあるサイドシームの筒を持つプルオンブーツです。その多くは、つま先がやや尖った形をして高めのヒールがついていますが、これは乗馬の際に鐙(あぶみ)にスムーズに足を入れて踏ん張るのに適していたからです。  レッド・ウィング社はかつてテキサスに拠点を持ち、1930年代にはウエスタンブーツも販売していました。このウエスタンブーツに、レッド・ウィング社が得意とする機能本位のワークブーツのデザイン手法を用いて、シンプルかつ頑丈で、様々なワークに使えるブーツとしたのがペコスブーツです。  レッド・ウィング社はペコスブーツを商標登録した上で一連の品揃えをして、1959年に発売しました。その当時は全てのペコスブーツがヒール付きのものでしたが、2年後の1961年ワークブーツで高い評価を得ていたトラクショントレッド・ソールを付けた#866をラインナップに加えました。白くて厚い、クッション性に富んだ底の平らなこのソールは、どんな地面でも履きやすく、疲れにくいものでした。本来ハンティングブーツとしてつくられたアイリッシュセッターに使われ、ワーカーにも評判になっていたものです。  やや短めの筒、ウエスタンタイプのブーツとしては丸みを帯びたつま先、そして高い機能性を持つソールの組み合わせにより、この#866も着実に評価を高め、ロングセラーとなり、今日でもアメリカ南西部やテキサスといったウエスタンブーツカルチャーを持つエリアで作業靴としても履かれています。  #8168は、この#866をベースにした日本企画商品として1996年に誕生しました。当時、赤茶色のオロラセット・ポーテージ・レザーの#8866、厚い塗膜を持つブラック・クローム・レザーの#8169 と並んでレッド・ウィングの三大レザーであったベージュ色のラフアウトレザー、ホーソーン・アビレーンを使ったモデルとして発売され、定番商品となり今日に至っています。 25.0cm/7 25.5cm/7.5 26.0cm/8 26.5cm/8.5 27.0cm/9 27.5cm/9.5 28.0cm/10 29.0cm/11 ※写真の色と実際の商品の色は多少異なる場合がございます。 ※商品画像はメーカーサンプル品の画像です。 製品仕様・デザインは改良のため予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。 ■商品について
お使いのディスプレイによっては実物と若干、色が異なって見える場合があります。 当店では在庫を実店舗、ならびに他のWEBサイトと共有しております。
そのため、誠に申し訳ございませんが在庫状況をリアルタイムで反映できず、
商品をご用意することができない場合があります。
(メーカー在庫を確認して在庫があれば早急にお取り寄せいたします)