国内海外ブランド・アメカジ・ヨーロッパ系インポートブランド販売
札幌市の老舗セレクトショップ ファッション通販サイト
アメカジ・メンズ商品のお問い合わせは TEL011-832-0224
レディース商品のお問い合わせは TEL011-822-9011

簡単会員登録
20春夏トレンドキーワード検索
ショートパンツ Blog MA-1ブルゾン オールホワイト ピンクアイテム ストライプ 7分丈 クラシカルテイスト セットアップスタイル スカジャン セール スタッフおすすめ
カート
簡単会員登録
会員ログイン
会社概要 ・ 店舗情報
店舗Googlemap表示
ショッピングガイド
よくあるご質問
スタッフブログ
インスタグラム
フェイスブック
ツイッター
Ladies' LINE友だち追加
Mens' LINE友だち追加
メールでお問い合わせ
アメカジ・メンズTEL011-832-0224
レディースTEL011-822-9011

Products 商品詳細ページ

フラットヘッド/FH FLYING WHEEL 画像を拡大する

フラットヘッド/FH FLYING WHEEL

  • NEW
  • オススメ

7,128

66

カラー
サイズ
数量

商品番号:THC-202

カートに入れる


強靭なネックと丈夫なボディで作り上げたフラットヘッドを代表するTシャツ

コットン100%による度詰生地を使用した、質実剛健な肉厚でコシ感のあるTシャツは首元に20番綿糸による「3本針の1本外し」縫製を施し、伸びないネックを実現。

フラットヘッドのアイコンとも言えるフライングホイール。
フラットヘッドがスタートした年、EST.1996が刻まれています。
不可能への挑戦

天然素材の生地が主流だった1950年代、衣類品に耐久性を持たせるため工夫を凝らした様々な縫製技術が存在していました。
カットソーの縫製において最高峰とされていたその技術は、3本針の内2本の針をリブに乗せ、残り1本をボディ側に外して縫う技術でした。
あえてボディに1本外された糸は、リブとボディが洗濯乾燥する際に生じる収縮率の差をリブに残された2本の糸と裏側にある3本分の振り糸で同調させ、形状を維持させることができました。
素材の限界を縫製技術により引き上げられたTシャツは、他の簡易的な縫製に比べ群を抜く丈夫さを誇り高級衣類として重宝されていました。
続きを読む…
日本に現存する希少な丸編機

フラットヘッドのTシャツで使用しているボディは、いずれも古い年代の編み機を用いて日本で編み立てています。
Tシャツのボディには丸胴編機と呼ばれるものを使用しています。
丸胴編機自体は現在でも作られていますが、それらは丸く作られた物ではなく分割されたパーツを組み合わせ、丸胴編機としているようです。
ちなみに、フラットヘッドで使用している物は現代の物とは異なり「丸」として作られていた1960年代の希少な丸胴編機。
あえて古い年代の丸胴編機を使用する理由は、安定した品質が得られるからです。
更に、THCシリーズの生地は14番手という太い糸で編み込まれることで強靭なボディとなりますが、太い糸で編むためには丈夫な針が必要となりドイツから取り寄せた特別な針を使用しています。
当時の編機は年々、数が減り希少な物になっていますが、生産環境やメンテナンスのできる職人もごく僅かとなってきています。
プリント

フラットヘッドのアイコンとも言えるフライングホイール。
フラットヘッドがスタートした年、EST.1996が刻まれています。
ホワイトとサックスのボディには染み込みプリントで、ブラックとネイビーのボディには抜染(ばっせん)プリントで柄を表現しています。

染み込みは生地に染料を染み込ませる技法、抜染(ばっせん)は生地の色を脱色しながら同時に色を入れていく技法で、どちらも染料が染み込んで色がついているため生地に馴染んだ質感と、着込むほどに生地と共に味わいを増していく風合いの変化も特徴です。

※商品の写真と在庫状況について
お使いのディスプレイによっては実物と若干、色が異なって見える場合があります。また、商品は実店舗でも並売しているため、売り切れの際は御容赦ください。
※サイズ表記について
商品の性質上、同サイズでも多少の誤差がございます。サイズ一覧は目安としてお考え下さい